Macのクリーンインストール前のバックアップ手順

Macのバックアップ手順 Mac

Macのバックアップ手順

こんにちは、B.すずめです。

ビジネスシーンでも多く使われているMac。
動作が重くなったらクリーンインストールすることで
初期の快適さを取り戻せる可能性は大です。

 

この記事では「クリーンインストールする前」の「バックアップ」をする手順を記載しています。

 

Macがものすごく重くなってきたので、

 

「クリーンインストールして生まれ変われ!」

 

という願いを込めてやってみました。

 

その手順を毎回調べてやるのも大変なので、

ここに残して自分でも今後参考にしたいと思います。

 

今回は、「macOS 10.12 Sierra」から

「macOS 10.15 Catalina」への移行です。

 

スポンサードリンク

Macのバックアップ

 

僕は、ドロップボックスにバックアップする事にしました。

 

外付けHDだと寿命があるし毎回バックアップ取るのも面倒だなと思ったので。

 

iCloudは、なぜかつながらなかったので、却下。

 

しかも、ドロップボックスの方が、クラウド上だけにデータを置ける機能「スマートシンク」が使えるので便利です。

 

iCloudを設定しておく

 

無料で使っているので

iCloudで写真とメール以外可能な限りチェックを入れておく

 

パスワードの保管

スリーンインストールした後の

各サイトやサービスへのログインができるかどうか

パスワードが入力できるように確保しておく。

 

アプリケーションのライセンス解除

ライセンスが残ったままMacをクリーンにした場合

新しくインストールしたMacで動かなくなるようなアプリは、

ログアウトやライセンス解除しておく。

iTunesのバックアップ

 

iTunesを開いて、

ファイル → ライブラリ → ライブラリ整理

 

「ファイルを統合」にチェックして「OK」

 

ドロップボックスにバックアップ先のフォルダを作る

 

iMac/Music

 

Macにある「iTuunes」のデータを入れる

 

Macintosh HD → ユーザ → (ユーザー名) → ミュージック

→「 iTunes」フォルダ事ドロップボックスに作った「Music」フォルダに入れる。

 

写真のバックアップ

 

ドロップボックスにバックアップ先のフォルダを作る

 

iMac/ピクチャ

 

Macの「Finder→ピクチャ」の中にある

「iPhoto Library.photolibrary」と「写真 Library.photoslibrary」を

(iPhotoは使わないならいらない)

 

ドロップボックスの「iMac/ピクチャ」に入れる。

 

iMovieのバックアップ

 

ドロップボックスにバックアップ先のフォルダを作る

 

iMac/Movies

 

Macの「Finder→ムービー」にあるiMovieのデータを

 

ドロップボックスの「iMac/Movies」に入れる。

スポンサードリンク

Mailのバックアップ

 

ドロップボックスにバックアップ先のフォルダを作る

 

iMac/ライブラリ/Mail

 

Macの「user/Library/Mail/V5」

この「V5」フォルダごと

ドロップボックスの「iMac/ライブラリ/Mail」に入れる。

 

Safariのバックアップ

 

サファリはiCloudから引き継げるようだけど一応ブックマークのバックアップをとっておく

 

Safariの「ファイル」メニューより「ブックマークを書き出す」

 

「Safariのブックマーク.html」が出来るので

 

ドロップボックスの「iMac」に入れる。

 

連絡先のバックアップ

 

連絡先はiCloudから引き継げるようだけど一応ブックマークのバックアップをとっておく

 

連絡先.appを起動し、メニューバー>ファイル>書き出す>連絡先をアーカイブを選択

 

出来たファイルをドロップボックスの「iMac」に入れる。

 

ユーザー辞書のバックアップ

 

環境設定を開く。

 

キーボード > ユーザー辞書 を開く

 

「Command+A」で全ての単語を選択したら

ドロップボックスの「iMac」にドラッグ。

 

「ユーザ辞書.plist」というファイルが出来る。

 

Desktopのバックアップ

 

意外とデスクトップにファイルを置いているので忘れずバックアップ

 

ドロップボックスの「iMac」に「Desktop」フォルダ事いれる。

 

スクリーンショットを撮っておく

 

念のため下記画面のスクショを撮っておいて、移行後の参考にする

 

・メールボックス

・デスクトップ

・アプリケーション画面

・Finderのサイドバー

スポンサードリンク

Finder内の個人ファイルをバックアップ

 

忘れちゃいけないのが自分のファイル

ドロップボックスに適当なフォルダを作ってぶっこんどく。

 

これを機会に不要だと判断したファイルは思い切って捨てる!

 

Macのクリーンインストール前のバックアップはこれで完了。

 

次は

Macのクリーンインストールだ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました