土用の丑の日【フリー素材】「うなぎ」の筆文字無料素材!由来と意味も【商用利用】OK

土用の丑の日「うなぎ」フリー素材 筆文字

土用の丑の日「うなぎ」フリー素材

こんにちは、B.すずめです。

 

土用の丑の日によく使われる「うなぎ」の文字を無料でプレゼント。

うなぎビジネスを展開している方にぜひ使ってもらいたい。

当サイトの『無料素材』をダウンロードした時点で利用規約に承諾頂いたものとみなします。ご了承ください。

 

使うときに、このようにこのサイトを記載していただけると嬉しいです。

────────────────────
素材はB.すずめの文字素材より
⇒ https://tekotoha.com/unagi-1623
────────────────────

 

記載する箇所がなければ、なしで結構です。

 

それでは、データをダウンロードしてお楽しみください。

zipファイルに、png,jpg,ai3種類のファイルが入ってます。

画像素材は2種類用意しました。

土用の丑の日「うなぎ」フリー素材

unagi_01.zip(4.03MB)(png/jpg/ai)をダウンロード >

 

 

土用の丑の日「うなぎ」フリー素材

unagi_02.zip(3.35MB)(png/jpg/ai)をダウンロード >

 

▼もっとウナギの筆文字素材を探したかったらこちらで探してみてもいいかも^^

無料イラスト【イラストAC

スポンサードリンク

 

そもそもの由来「土用の丑の日」ってなに?

 

まず昔は、日にちを「子・丑・寅・卯~」というように、十二支で数えていました。

 

土用の丑の日の「土用」というのは、「立夏・立秋・立冬・立春」の直前の18日間のことを言うんです。

 

なので、その「土用の18日間」にある「丑の日」を「土用の丑の日」と言うんですね~。

スポンサードリンク

「土用の丑の日」の「うなぎ」を食べる意味は?

 

いろいろ説はあるようですが、

まず「万葉集」に、「夏を乗り越えるために栄養価の高いうなぎを食べる」というものがあるそうです。

 

それに加えて、昔のうなぎ屋がうなぎを売るために「本日丑の日」と書いて店先に貼ると繁盛したそうで、それを他のうなぎ屋もまねるようになって広まったとか。

 

それでは!

 

土用の日には何かと「うなぎ」の文字を使うことも多いかと思いますので、どうぞご自由にお使いください^^

▼もっとウナギの筆文字素材を探したかったらこちらで探してみてください^^
無料イラスト【イラストAC

コメント

タイトルとURLをコピーしました